So-net無料ブログ作成

運命の出会い(その1) [はじめに]

 1980年9月、朝日連峰を縦走したときの話である。珍しく会社の同僚と二人での山行だ。初日の朝、米坂線小国駅から朝日平へ北上する路線バスに乗る。終点まで乗る客は、我々の他に一人の老人がいるのみだった。その老人も山登りらしく、小さなリュックを背負い、杖がわりにピッケルを持っていた。まだ、登山用のストックが流行する前のことだ。林道を歩き始めれば、その老人も我々の後をついて来る。

 お互いの行き先を教え会い、我々が朝日連峰縦走だと知ると、「私もお供させてください」と頼まれる。荷物の違いもあり、問題なかろうと承諾してしまった。これより助さん格さんと黄門様よろしくの山歩きが始まる。この方がその後、山日記の中で時々顔を出す、新潟のS翁だ。

 カクナラ小屋から大朝日岳への登りでは、先にヒョコヒョコと登って上で我々が追いつくのを待っている。そんなことの繰り返しで、その時は少々イラっときた。ただ、我々に合わせるために無理をしていたようで、我々との山から返って来ると二三日は死んだように眠っている、とS翁の奥様がずっと後に仰っていた。
 朝日連峰を縦走した時のS翁は70歳、それから5年ほどは、年に1度くらい、飯豊、巻機山-白毛門、八幡平-岩手山、などをS翁と共に縦走した。その後も、温泉ツアーや日帰りの雪山登山などで親交を深めた。93歳で天寿を全うされて早7年になる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。